カテゴリ:検疫( 6 )

中国インド韓国

             18年6月15日
取引先各位

輸出貨物梱包材における消毒証明に関するお知らせ

平素は格段のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

一部輸出国側に動きがみられ、それに伴い御問い合わせが
増加しましたので、現状の雰囲気をここでお伝え致します。
以前まで各国の植物検疫の要求事項がそれぞれでありました。
昨年より国際基準規約へ参加表明する国の増加が加速してようやくスタンプ印による消毒証明方法に統一されたかの様に見えました。
今年を迎え、五月連休過ぎた頃から消毒証明に関してのお問い合わせがまた増えております。原因は中国の一部地域他、
一部国から証明書による消毒実地証明の要求によるもで、
消毒証明の方法として紙での証明書に固執しております。


「なぜこの時期に動きが出たのか?」

本年1月1日スタートの中国新規定は6月1日までの猶予期間を
定めており、その期限に合わせた厳粛実地強化の為、国内で
独自マニュアルがそれぞれの地方、関係機関担当者に渡った。
しかし、それら内容を誤認識の上、その解釈に統一が無い為、
現在の二重基準を招く事態に陥ったと言われています。
もはや、国際基準のシステムが崩壊している状況といえます。


「その状況を関係機関はどう見ているのか?」

現在、我国の消毒証明書発行該当機関は紙による証明証発行を
推奨してはいません。理由は国際基準があるからです。
ですが、反対に証明証を発行しないともしていません。
「相手が要求するならばそれに従うのは仕方ないのでは?」と
この地域の証明証発行機関関係者は申しておりました。
但し、それは指導では無い。あくまでも証明書が欲しいユーザーが自己責任で処理する事。「こちらでは責任は取れない。」と表明。
正式な発行機関が正式な物となんら変わらない公文書である
証明書を担当官のサインと共に発行しておきながら、
それには責任が取れないと言う。
逆に「柔軟に出してあげている」風な雰囲気を醸し出している
状況に強い憤りを隠せません。
国際基準を遵守しているのに荷主様方は不当な要求を受けている
安易な発行行為により混乱を起こし問題の本質が検疫と離れて行く。
そんな事実に彼等の関心は薄いようです。

(注)上記文章の中で各機関担当者から聞いた言葉使い一字一句の
語句は正確でありません。ヒヤリングし、そのニュアンスを受け止め私の主観を通した言葉の記述になっております。


「今後どの様に対応するのか?」

現在のシステムの中で農林水産省植物防疫所から登録を受けた
梱包材生産者の我々は荷主様の依頼により消毒処理を実地し、
消毒処理報告書及び温度自動記録紙を保管管理しています。
そして、(社)全国植物検疫協会からスタンプ使用承認を経て
貸与された印で代行押印といった手順になります。
この作業で荷主様が要求している事の義務と責任のサービスは
果たされていると考えます。
世界基準非参加国以外の独自要求に関して特に現地サイトの情報が
一番新鮮で確かな場合(正誤は別)が多く、その証拠に我国の
認証該当機関は、サプライヤー、フォワーダー、シッパー、
現地ユーザー方の得る情報を我々に対し、何かあったら教えて下さいという姿勢が多く見受けられます。
現状、認証承認機関が書類を出すことに責任が取れないのであれば、
残念ながらその発行システム内の我々が変わりに諸外国と交渉する訳にもいかず、誠に不穏意ながら御客様の判断で証明書をお求め下さい。そして、発行請求の御手伝いしか出来かねますと言わざるおえません。


各国独自要求に対する消毒証明書発行手順

1.お客様のルートで独自請求をキャッチ。
2.梱包材生産者に消毒材使用の依頼。
3.消毒処理報告書及び温度自動記録紙と共にデーター記入された
輸出貨物梱包材等消毒 証明依頼書を梱包材生産者から受け取る。
4.輸出貨物梱包材等消毒証明依頼書に必要な事項を追加記入。
XX地区植物検疫協会へFAX ***-***-****
(TEL ***-***-**** 担当 oo様)
証明証1通¥2.000.- 他代行手数料無料。
証明書の受け渡し方法として、送付可能です。
請求金額支払い方法、送付形態に関しては
担当者に御相談下さい。


↑とまぁ、暫くうちは苦肉の策で対応予定です。
いろいろな所から聞き出して内容をミックスしてる部分もあるんで
「それ違うんでない?」という意見の持ち主様はどうか御教授願います。
[PR]
by bdps | 2006-06-17 09:20 | 検疫

一機関集中窓口か完全民間業者委託を希望

やっぱ駄目だわ・・・あれが100パー役所。あるいは100パー民間ならいいんだけど社団法人の一言余計な言葉にカチンとくるわ~

「依頼書は俺んところで止めとくから必要ならちゃんと送れ」に対し、
「必要に決まってんだろボケ!」を一旦出掛かったゲロを飲むような苦しみで飲み込みましたよ。

もっとも、こちら側にも問題はあることにはあるんですけどね・・・・・・・・・・・

依頼書を送ると植検が証明書の内容確認を取るため、決められたフォームにテキスト打ってくるんですよ。そいつでこちらが打ち間違いなどのチェックをするんですが、うちはFAXでやり取りしてるんですね。
結果、受付窓口から発行口になる事務所に再度FAXで飛ぶんですけど、その為字が潰れて読めなかったらしぃんですよ。しかし受付窓口で読んでもらってるから、内容チェックの為のモノはFAXで返送されて来る訳で。
しかも、そこには植防、植検両担当官のサインが入ってるんです。
当然サインが入ってるモノが確認の書類としてFAXで戻ってくれば、依頼書は読まれて(読みにくいとはいえ)発行認可もされてるんだと思ってましたよ。したら違うようで、あれはあれで、こちらの依頼書を代行して頂く植検が植防に走っていって(そう言われた)読みにくい依頼書提出の非を謝って(そう言われた)
発行申請に使ってるんだと・・・・・てそれってこっちに確認の為に廻ってくる書類のサインってメクラ判かよ! まぁそこまで突っ込むのもどうかと思うでしょ?でもね、最初の電話で、「これも立派な公文書なんだぞ!(それが読みにくくていいのかという意)本来ならハンコ押して・・・・・・くどくど(以下略)」
早く電子化しなさいと・・・・・・データーで送れと・・・そうすれば管理が楽だと・・・・

読みにくいモノを送って困らせたのは事実。うちが悪い。申し訳ない。謝る。
けど、事務処理仕方まで指図されるのってどうよ。
「読みにくい。だから読めるもの送ってくれ。」まででしょ。

それを・・・

はぁ!? データーで送れ!?公益法人が経費だからとどんな経費が掛かるか内訳も示さないで金取ってんだろ!説明ができなきゃ営利だろ!なら読めないくらいで文句言うな!一所懸命、困りますよ~ってゴマすりながら頭下げて御願いしてみろ!

ハァーハァーハァー・・・・・・・・・・・取り乱してしまいました。
ホントこの業界のこの界隈の状況についてはムカつく事バッカリだな。
それが我慢できて始めて大人になるってことか?(微笑)
人間の我慢の限界がどこまでか実験だな。もっと簡単に事を進めたい。
もっと簡単にブッ飛ばしたい。なんで駄目なのぶっ飛ばしちゃ?殺す訳では無いんだよ・・・・

夕方までほったらかしてました。忙しかったんで、実は電話も勝手に言い切ってガチャ切りしてたんです。
暫くして、窓口の女性から電話を頂き、その後少し優しい声で本人から「どう?」って電話がまた来ました。こちらもあまーいトーンで「御手数お掛け致します。」これが不思議と言えちゃったよ。すんなり言葉が出て自分にびっくりした。自分大人だなぁー(苦笑)
[PR]
by bdps | 2005-08-22 17:47 | 検疫

絶賛発売中

「輸出貨物~(略)消毒証明マニュアル」 (平成17年度改訂版)
A4版183頁・頒布価格2,500円 (税込)/送料別 (実費)
社団法人 全国植物検疫協会

だってさ。今頃地元の植検からFAXで申し込み用紙送られて来たけど。おせぇつうの。
もう1カ月も前にとっくに申し込んでもう手元にあります。
頒布って普段使い慣れない言葉なんで何となく辞書検索してみた。以下です。

辞書
頒布 で国語辞書検索した結果 : 1件
はん‐ぷ【頒布】
[名](スル)品物や資料などを、広く配ること。「希望者に無料で―する」「銘酒の―会」

なるほど。広く配る・・・ね。(実費)でね。へ~。
[PR]
by bdps | 2005-08-03 19:08 | 検疫

面to面

組合から発行されているEPAニュース8月号P18に例の「平田、意外とでかい。」(カテゴリ「検疫」7/30日の投稿参照のこと)の記事が出ている。但し、「社団法人 日本荷主協会」や「文責:常務理事 河村 輝夫」といった文字は出てこない。それは団体会員準会員の立場ならではの許された引用方法なのだろうか。それはさておき、故意か無意識か例の皮肉めいた批判文章が編集されず全文残って紹介されている。

以下リポート記事より抜粋引用:

[欧米の検疫局では輸出業界の便宜のために世界基準としてのマーキング導入を推進しています。わが国の検疫当局では、このあたりの情報を知っているのか、知らないのか分かりませんが、一切伝えていません。1件2千円を徴収する消毒証明書発行のお仕事をなるべく長く続けたいと思う方々がいらっしゃるからでしょうか。「日中2カ国間協定を結んで消毒証明書方式を継続しようとしている」などと言う悪い冗談すら伝わっているくる位です。]

この部分を削っても伝えたい事は通じるのであるが、しっかりと残っている。しかも、引用という記載がないので河村リポートの存在を知らない方は組合の主観なんだと感じる方もいるかもしれぬ。あるいは協調姿勢を表明したいのか。

そして勝手にこちら側がその誌面でサスペンス感を勝手に抱いているのは
上で言われている当局に当たる全植検協の記事がP19に、二つの団体が誌面上にVSよろしく並んでるという訳なんDEATH。冊子を閉じると面と面を鉢合わせたガチンコっすよ。ついでに言うとこちらの記事はスイス向の「新たな知見について」さらりと次ページへと都合3ページに渡り記事が続きます。そして結びでスリリングに引き締まった心をホット緩める為の一息入れる配慮なのか「睡蓮沼と八甲田山」のカラー画像が。緑に包まれた静かな沼越しの八甲田山。空も沼も同じ青く気持ちの良い風景ショットだ。和むな~。

さすがに2千円の収入がどうのってことは無いと思うよ。それより組織構造としての存在意義が重要なんだろうと思う。そっちの方が銭確保の上でもでかいんだと思う。(←まったくの推測根拠無し)
収入の採算なんて考えてるとは思えんな。日々の状態を拝見するに。ただ関係者に安く提供出来るように業者発注の際には値段交渉を頑張っているらしいから皆で応援してあげよう!
いやいや、「あげよう」ではイカン。(←過去の経歴が上から下に向けてお仕事されて来た方が多そうなので。ガラスのプライドを傷つけないように気を使いましょう。コアラのようにストレス掛けると弱っちゃうんよ。だから「頼りにしてます。お任せします。だから頑張って下さいね。」が正解。

今日の独り言:公益法人は税金が優遇されててええのぉ~。
[PR]
by bdps | 2005-08-02 18:22 | 検疫

傍観者の立場からならヤレヤレ!なのだ!

「欧米からは既にISPM No.15対応マーキングも始まっている」
(社団法人 日本荷主協会 ISPM REPORT NO.80より許可無く抜粋)http://www.jsctok.or.jp/pdf/ISPM%20Report/ispmreport80.pdf

なんだそうだ。なんだかな。なんか語呂じゃなくて断定的な語句が「平田、意外とでかい。」を連想してしまった。
なんで自分そんなの頭の中に浮かんじゃったんだろ?大丈夫か・・・俺。
このレポートは、協会常務理事 河村輝夫 氏のサービスなのだが、なかなか楽しい。もう随分とウォッチしてたんだけど、最近は特におもろい。以前から当該機関に対して挑発的な言い回しであるように感じていたが、最近のは非常に解りやすい皮肉の文体へと変わってきている。ここでの氏のキャラが確立したからなのであろう。いくら鈍感な彼らもあのぐらいの文章だとムキィ~とくるのでは?ここで語られる機関に向けられた疑問を直接聞いてみようと(もちろん只の興味本位)尋ねてみる。それによると河村氏は先走っているのだそうだ。なんの決定も無い前に断定的にいき過ぎだと。
結局、どっちを信じるんだと。我々を信じろと。こちらの情報が正しいと。
速やかに新しい情報を提供するから任せろと(←植防か植検かは言えネ)......................もう語れねww

で、自分の周りから聞こえてくるお客様を含めた声は荷主協会の説明のほうが的確で分かり易いのだそうだ。まぁそれについてはこうだと思う。まず世界で情報が流れると荷主協会側は翻訳と同時にリサーチ後、御自身の解釈を加えて答えを見つけ出し即開示する。それに比べ我が国の該当機関は(河村氏風)は情報の収集姿勢が完全に受身。その上確認や承認、諸外国との連携に物凄く時間がかかる。

公式文書の解釈がその場凌ぎのトンチンカンなこと言う人もいてまったくもってウンザリ。その度に解決方法が分からなく右往左往する。我国の当局(河村氏風)は解決策をのらりくらり言うんだよね。断定すると責任が出ちゃうからね。順番にハンコ貰ってこないと答えた自分に責任が降り掛かることを怯えてる様に私は感じました。何時だったかある初判断の事象があった時(木製ケーブルドラム:ケーブル付、無しで、梱包品か製品かの定義付け)無理やり文書にして署名捺印、責任を明確にして貰いました。

情報を待ち受ける我々が感じるあちら側との最大の距離感は、
やはり回答内容や期日の言い切り度が低いことだろう。
先走ってると言われる河村REPORTの方が言い切り度満点で安心感が確かに勝っている。
ほんとかどうか分からんがとにかく答えがそこにある様に感じる。
学生の頃、各出版社用教科書の回答本ってあったじゃないですか、先生に指されても100%答えられる夢のスーパーテキストが。
あんなイメージです。

該当機関に電話相談すると国の機関はサイトへどうぞと促してくれるが、情報の更新が遅いし、また、更新されたNewがいったいどの箇所が更新かがさっぱり分からなかったりで、検疫難民の人々はますます河村REPORTに駆け込むのであった。

でも結局我々は両方の情報に踊らされていい加減にしろよ~状態なのである。
一番厄介なのはお客が河村派信者の場合で乙仲が我国機関派の場合非常に困る。
一方は、現地で面倒があると困るから念のため加熱しろと言い、一方は必要ないのなら金は掛けたくないと言い、結局、両方の要求に答える破目に我々が金銭的にも精神的にもダメージを受けることになる。まぁまぁとにかく仲良くね仲良くねって仲裁に入っておいて逆切れしてどいつもこいつもぶっ飛ばしたい.....そんな気分である。

***一番要求したいこと***

もっと簡潔にして。(古いルールがそぐわないのら即見合う物を作れ)
なんとか法人は必要ない。シンプルな構成で直属の部署一箇所で対応願いたい。
最初から虫付の製品を買わせないように材木商社の監視と輸入の検疫規制度発動。
検疫対応を内陸の我々に頼らずコンテナ或いは本船ごとで消毒を勝手にやってくれ。
それが一番国内再汚染の心配が無い。

*********************************

あるお客が言った。どうせイチャモン付けられ、たかられるならば、
そして輸出時に検疫義務が無いのなら、何もせずに現地で消毒したいと。
初から現地港に設備を義務付けしてそこで受け入れてくれれば・・・・(ブラジルにはあるらしぃ)
そうすれば某国のような詐欺行為防止にもなるんじゃない?
(検疫対象虫出てないのにその対象貨物を2回消毒したので2倍払って下さいとか・・・・)
やっぱハッキリ言おう
某国=中国ね!←気をつけろぉ!


他の役所や半民間企業にも感じるが自分の頭下げて受注して銭貰って商売している人種と客の方でなく機関側主導の自分本位の対応で立てられた予算(御小遣い)の範囲でお仕事されてる方達と分かり合えるのは、そもそも無理ぽ.........だよな・・・・

河村ワールドに興味ある方はどぞ→ http://www.jsctok.or.jp/ispm80.html
[PR]
by bdps | 2005-07-30 15:27 | 検疫

ブラジル国際基準No.15対応

先日一本の電話が鳴った。相手は植防の職員さんからだった。
「あの~ブラジルへの輸出検疫についてですけど・・・・」
もしやッ!と思った。なんか以前に輸出した物件で問題が発生したのでは無いか。
しかし、そうでは無かった・・・・・

「この夏ブラジルがI.S.P.M.対応します。」との親切なインフォメーションだった。
ちょうど前の日に、ある事業者が某国で引っかかったという話を聞いたばかりだったし、そもそもあそこの機関がこちら側
から質問の投げかけをしない限り、電話をよこす事なんて悪い知らせくらいしかまずありえないのだ。
こちらが、「まさか」と考えてしまっても少しもおかしくないのである。被害妄想気味に神経が衰弱したネズミのように一抹の不安に怯えながら仕事しているのである。(苦笑)

ようやく、ブラジル向けの対応もハンコ一突きで可能になりヤレヤレという感じです。

「我が国から輸出される木材梱包材については、現在我国とブラジルとの2国間協議に基づき、植物防疫所が証明書を交付することとなっている。」(植物防疫所サイトより抜粋)

今までずっと思ってた、「なんだよ我国との2国間協議って?」、我国って誰が誰とそんな協議したんだよ?なんで??我国とだけ???なんか親密そうだけど、んならもっと簡潔に世界の基準に習っていこうよ。非常任理事国同士さぁ・・・・・って。

正直、毎回植物防疫所のフロアーに向かう度に「あの~ちょっとすみません」と止められて身分の確認など求められるのが鬱陶しかったんで良かった良かった。なんでも、テロを含む犯罪を恐れてのセキュリティ対策なのだそうだ。実際狙ったとしたら、あの程度のことでは防ぎ様が無いんですけどね。入り口で身分証になるものを提示(偽造可能)名前を記入(偽名可能)。考えてみれば自爆のつもりなら、本名でもなんでも表明OKですよね。。。現在は一律、ビルに訪れた者すべてにチェックを申し出ている様だが、初期の頃はそうでなかった。他の人が素通りする中、自分だけよく止められた。わざわざ行き過ぎさせて、後ろから声を掛けられるのだ。手荷物まで見せましたよ。もっとも、細かく荷物チェックされたら、もっと面倒クサイ質問攻めにあったと思うが、ライトチェックでそうはならなかった。ということはそのチェックも中途半端な訳で、直接そこで使わないような物も、武器に使おうと思えば使える物も自分は持ち込めた訳ですからね。
判断基準=ネクタイしてれば良い人。革ジャン着ている人は悪い人。は誤りだよね?・・・・・

話が随分とそれました・・・民間の企業活動してる者からみるとあそこはツッコミどころ満載なんですよね。
ついつい話が膨らむ。その辺のところはまたの機会に。

あとは、証明書で処理実地証明をしている残りの国が順次、
ハンコ対応になっていけば尚良しですね。
あっ!でもハンコでOKとなると、ますますこちらの「代行」の手間が掛かりますね~。
代行してるんですからね、貰えるもん貰いたいもんですよ。
なんせ、代わりに管理してるんですからね~。
仕事終わりにきちんと手入れして箱にしまってさらにビニールにくるんで・・・・・
e0029172_10414210.jpg

[PR]
by bdps | 2005-07-22 10:42 | 検疫