<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

傍観者の立場からならヤレヤレ!なのだ!

「欧米からは既にISPM No.15対応マーキングも始まっている」
(社団法人 日本荷主協会 ISPM REPORT NO.80より許可無く抜粋)http://www.jsctok.or.jp/pdf/ISPM%20Report/ispmreport80.pdf

なんだそうだ。なんだかな。なんか語呂じゃなくて断定的な語句が「平田、意外とでかい。」を連想してしまった。
なんで自分そんなの頭の中に浮かんじゃったんだろ?大丈夫か・・・俺。
このレポートは、協会常務理事 河村輝夫 氏のサービスなのだが、なかなか楽しい。もう随分とウォッチしてたんだけど、最近は特におもろい。以前から当該機関に対して挑発的な言い回しであるように感じていたが、最近のは非常に解りやすい皮肉の文体へと変わってきている。ここでの氏のキャラが確立したからなのであろう。いくら鈍感な彼らもあのぐらいの文章だとムキィ~とくるのでは?ここで語られる機関に向けられた疑問を直接聞いてみようと(もちろん只の興味本位)尋ねてみる。それによると河村氏は先走っているのだそうだ。なんの決定も無い前に断定的にいき過ぎだと。
結局、どっちを信じるんだと。我々を信じろと。こちらの情報が正しいと。
速やかに新しい情報を提供するから任せろと(←植防か植検かは言えネ)......................もう語れねww

で、自分の周りから聞こえてくるお客様を含めた声は荷主協会の説明のほうが的確で分かり易いのだそうだ。まぁそれについてはこうだと思う。まず世界で情報が流れると荷主協会側は翻訳と同時にリサーチ後、御自身の解釈を加えて答えを見つけ出し即開示する。それに比べ我が国の該当機関は(河村氏風)は情報の収集姿勢が完全に受身。その上確認や承認、諸外国との連携に物凄く時間がかかる。

公式文書の解釈がその場凌ぎのトンチンカンなこと言う人もいてまったくもってウンザリ。その度に解決方法が分からなく右往左往する。我国の当局(河村氏風)は解決策をのらりくらり言うんだよね。断定すると責任が出ちゃうからね。順番にハンコ貰ってこないと答えた自分に責任が降り掛かることを怯えてる様に私は感じました。何時だったかある初判断の事象があった時(木製ケーブルドラム:ケーブル付、無しで、梱包品か製品かの定義付け)無理やり文書にして署名捺印、責任を明確にして貰いました。

情報を待ち受ける我々が感じるあちら側との最大の距離感は、
やはり回答内容や期日の言い切り度が低いことだろう。
先走ってると言われる河村REPORTの方が言い切り度満点で安心感が確かに勝っている。
ほんとかどうか分からんがとにかく答えがそこにある様に感じる。
学生の頃、各出版社用教科書の回答本ってあったじゃないですか、先生に指されても100%答えられる夢のスーパーテキストが。
あんなイメージです。

該当機関に電話相談すると国の機関はサイトへどうぞと促してくれるが、情報の更新が遅いし、また、更新されたNewがいったいどの箇所が更新かがさっぱり分からなかったりで、検疫難民の人々はますます河村REPORTに駆け込むのであった。

でも結局我々は両方の情報に踊らされていい加減にしろよ~状態なのである。
一番厄介なのはお客が河村派信者の場合で乙仲が我国機関派の場合非常に困る。
一方は、現地で面倒があると困るから念のため加熱しろと言い、一方は必要ないのなら金は掛けたくないと言い、結局、両方の要求に答える破目に我々が金銭的にも精神的にもダメージを受けることになる。まぁまぁとにかく仲良くね仲良くねって仲裁に入っておいて逆切れしてどいつもこいつもぶっ飛ばしたい.....そんな気分である。

***一番要求したいこと***

もっと簡潔にして。(古いルールがそぐわないのら即見合う物を作れ)
なんとか法人は必要ない。シンプルな構成で直属の部署一箇所で対応願いたい。
最初から虫付の製品を買わせないように材木商社の監視と輸入の検疫規制度発動。
検疫対応を内陸の我々に頼らずコンテナ或いは本船ごとで消毒を勝手にやってくれ。
それが一番国内再汚染の心配が無い。

*********************************

あるお客が言った。どうせイチャモン付けられ、たかられるならば、
そして輸出時に検疫義務が無いのなら、何もせずに現地で消毒したいと。
初から現地港に設備を義務付けしてそこで受け入れてくれれば・・・・(ブラジルにはあるらしぃ)
そうすれば某国のような詐欺行為防止にもなるんじゃない?
(検疫対象虫出てないのにその対象貨物を2回消毒したので2倍払って下さいとか・・・・)
やっぱハッキリ言おう
某国=中国ね!←気をつけろぉ!


他の役所や半民間企業にも感じるが自分の頭下げて受注して銭貰って商売している人種と客の方でなく機関側主導の自分本位の対応で立てられた予算(御小遣い)の範囲でお仕事されてる方達と分かり合えるのは、そもそも無理ぽ.........だよな・・・・

河村ワールドに興味ある方はどぞ→ http://www.jsctok.or.jp/ispm80.html
[PR]
by bdps | 2005-07-30 15:27 | 検疫

受発信装置

携帯電話のことなんですけど、今回Myハンディホン、初の積極的メーカ&機種変実行ですよ。
もう電話持ち歩いて15年目くらいなんですけど、ひたすらモトローラーだったんです。あの頃は貸し出しと買取があってもちろん買取でマイクロタック買いました。当然現在と比べると考えられない程に高かった。でアナログの自然な音が良くデジタルに移行せず粘った挙句。頼むから新機種モトローラー支給するからCDMAに移行してくれとIDOの人に呼ばれて外でお話し合いの為会ったりしたりと、どれもこれも遠い思い出だ。現在までアナログ3台、デジタル1台。CDMA1台。ツーカーセルラーがモトローラーと関係がありそうで、モトローラー機種狙いでIDO/TU-KA体制を選択しました。そこからがスタートなんです。でCDMAに移行して早、5、6年ちっとも後継新機種発表しないんですよ。それどころか、Jフォン(ボーダフォン)の方に積極的に提供しちゃってんじゃないすか。もともと昔からモトローラーはIDOとも揉めてたんですよね。ドコモの問題とは別の内容だった様だけど。昔から販売日変わったり、情報が途切れたり、先の見込みが不明になったりと。
関係が改善したかに見えた新機種登場に雑誌の煽りもあって品薄だったあのC100Mも時代はカラー液晶にメールだカメラだ着メロだとは逆行した、モノクロ液晶のメール無し。
あのタイミングでは当時の国内メーカのものより2昔前のモノを新製品として出してしまった。
その後皮肉にも二つ折りが主流になるもモトローラージャパンはそのメインストリームに乗り損ねた。
それは電話本来のまぁ正しい姿なのかも知れない只の電話だった。
それでいて、妙に媚売って、あのメーカーなりにスタイリッシュぽく見せてしくった。
そしてなにより軽い。そして弱い。デザインが軽いんだよ。掛け難いんだよ。
この時日本国籍のモトは死んだ。。。。
(韓国、香港の機種は米国とシンクロしていて今でも熱い)

まだ、未練があった自分はモトの公式サイトで新機種を見てみると何気にデザインが目を引く物が出てるじゃないですか。期待大ですよ。でも何時になっても話に出てこない。そして何時の間にかサイトからも影も形も無くなっている。
あれは幻か?新機種を願う自分の妄想か?
それから暫くして自分の見たのとまったく別のデザインのモノがボーダフォンにて新機種の発表。
(ハッキリ言ってそんなこないデザイン・・・)

感じる。
深くて暗いダークサイドに落ちてくのが解る。
底の方にムカデのような生物が這い回るそんな暗い闇だ。

モトいらね!

その日から初の機種変更の為の新機種への新たなる希望を捜し求める旅に出ることにした。
***************************************************
季節は移り変わり、先日新たなる希望に出会い即決。めぐりあい宇宙ですよ。

G'zOne にケェテーイ!

開発者の声で「プロユース&スペック・農業・漁業・Jeep」
このキーワードが出てきたのでさらに採用意思を固めるに至りました。

今予約してるんです。欲しい色の在庫が予約切れで入荷待ちなんです。違う色があったので見せて貰いました。こいつ頑丈そうなんですよ。仕事柄ハードな環境なんで頑丈な奴でないと困るんです。時期が前後しますが、PCも昨年防塵防水、塩害、対ショック構造を採用。こいつの事はまたの機会に紹介します。めちゃ高ですが、最近には少ないマグネシウム合金素材が泣けます。一昔前のVAIOもそうだったんだけどね~。

で、電話の方ですが、ショップで見ました。重いデカイ。これこれ。プロテクターが落下時にどんな作用するのか、落ちる角度のバランス調整がなされてるか様子みようと椅子に座った状態で頭の高さからカウンターに落としてみた。
ゴン・・・・いいね。でもリアルなモックだよな質感とか。
よし今度は床に落としてみよう。 
立ち上がったら、店のおねーさんの表情に私は固まった。
お姉さんの顔は楳図かずおの描くお母さんキャラのそれだった。
えっ・・本物なんだこれ・・・あっそ・・・え”-!・・・・だった。
自分、売り物落としてました・・・・
そういえば電源ボタン押したら、レーシングカーの絵が出てきてウォーンウオーンと吹かす音がした。液晶に静電気防止シートの様な物がついてた・・・・・・・(冷汗)



e0029172_121103.jpg


G’zOneの読み方最初Gゾーンなのかと思った。電話で問い合わせしたら3秒程間が開いた後に「ああっあれね」と言われた。間違ってますよって教えてくれた方がいいのにね(笑)
[PR]
by bdps | 2005-07-29 19:22 | 装備品

ちょっとしたH

ふ~。やっと地上へと降り立つ。どういう事かというと朝からリフト乗りっぱだったんだ。
朝出勤してみると、トラックが並んでた。あいにく今日は大工さん達よそへ出張中。
自分一人だった。
降ろしても降ろしても切れ目無く車が着きやがる。当分自分を地上に降ろさないつもりのようだ。
昼になりようやくひと区切り無理に作り、とにかく飯だ飯。食ってたらまた車が・・・・
昼寝する間もなく、まだ口中モグモグしながらも天空のリフトへ上がる。

間もなくトレーラーが荷出しの積み込みにやって来た。今日めんどくさがって窓を一個も開けて置かなかった事が災いし、その頃には熱とリフト&トレーラーの排気ガスによってクラクラしてきた。このままだと熱中症コースだよなと思いながらも窓はそのまま。なぜか。
まだ余裕があることは体が知っている。

やばくなると毛穴が閉じたようになり毛が逆立つ、体が突如軽くなり、頭も体も良く動き、気持ちが良くなって来る。やがてそこから視覚に変化が現れ、俗に言う「景色が変わる(黄色に見える)」。
(昔の運動部出身の人達の間で)
褐色~緑~黄色~白~黒(気絶)意識の回復~黒白~黄色~緑へと変化。
(自分の場合は)
確か記憶では常にバックの色は白か黒でそれぞれ段階の色粒子がスポットに点在する感じだったような気が・・・・した。

やっとこ荷台にCASE積みました。トラメガでオーライ!オーライ!景気良く叫んでたら。
僅かにケツの天が引っかかった。擦ってでも行け!・・・・でも淵がベニアにめり込んで止まっちまった。バーック!

一度、妻面ケツからツメ差し込んで、バタ角抜いて仕切り直し。
オーライ!オーライ!ガリガリッ オーライ!ガリッ オー・・ベリガリッ  バァック!!
クソクソクソ!Bull sh●t! 可能な限り心の中でこの言葉を繰り返した。

もう一度元の位置までトレーラを戻すことに。倉庫内は荷物で溢れ、実際バックで戻ること自体が大仕事だ。その上それをリフトですくう時、ツメを抜き取るのに車体を下げる引きしろも無いのだ!

何十回となくS●itを連発した挙句ようやく積み直しを終える。
さ~て、行きますか。ケツはリフトのツメで低床のむき出しになったタイヤからスリッパまでギリを維持。そのままトレーラと一緒に入口をクグルという「アカプルコ大作戦」に匹敵する大作戦だ。
オーライ!オーライ!オーライ! ザシュッ オーライ!シャリシャリ オーライ! おっ!擦りながらも通過しそう!運転手は気を使って止まろうとする。リフトを操作しながらトラメガで叫んだ。
行け!行け!GO!GO!GO!GO!・・・・・・何時の間にか、マリンコ気分だった。上陸艇から飛び出しトーチカ目指して両手に手榴弾握って走らせている気分だった.......てっ
人を走らせてるのかよっ!と自分に突っ込み、妄想から覚めた。
なんにせよ、無事くぐりました。抜けたんです。やた!やたっ!DEATH。

Hに泣かされた本日の終盤戦でしたとさ。
e0029172_1754550.jpg

[PR]
by bdps | 2005-07-29 17:54 | 戦闘日誌

いよいよ夏盛り

今日もいい天気だっ!朝は昨日に続いて低湿度で爽やか。
午後からはちょっとムンムン湿気てきた。
なんがかここもただのお天気観察日記になってきたな。いろいろ業界のことで感じることもあるんだけど。ぶちまけていいのやら、どの程度に抑えておけばいいのやらまだ感覚が掴めない。
ここでのキャラ路線がまだ方向性不確定という事だ。そんでさ今日といえば・・・あれっ、今頃またトラック着たぞ。
誰だゴラァ!・・・・・ちょっと行ってきます。
[PR]
by bdps | 2005-07-28 17:17 | 戦闘日誌

風・東へ往く

予想通りの成層圏まで突き抜けたかのような天気。色温度15,000K級な朝ですよ。
e0029172_19104077.jpg

今日の朝、まだ緑が眩しい田んぼの中の道を通った。
昨日過ぎ去った台風の吹き返しにより
強いが心地よい風が稲を駆け抜けてゆく。田園を見ていると風の流れが良く解る。
低気圧に向かって引き寄せられるように風が東に吸い込まれてゆく。
爽やかにサササーと・・・

暑いかなと思ったけど、風があって割りと過ごし易かった。紫外線は強烈でしたけど。

話は変わって最近ブレーカーがよく上がる。漏電もしてないという結果に。
原因はわからん。特に使用電気量変わってないんだけど。前年比2倍に跳ね上がってるよ。冷房とかあまり使ってないんだけど。Pen4の強烈な熱がこもったときだけドライを使う程度。なんだろうね。事務所の蛍光灯も普段消してるのに。

最近、細かいこといって荷受けにぐずるとこ増えてめんどくさいよな~。
トータルボリュームだけででなんとかしてくれよ。
e0029172_19125382.jpg

[PR]
by bdps | 2005-07-27 19:10 | 戦闘日誌

こんよ!

e0029172_20103277.jpg

結局こんよ!
かすっただけだった。まとまった雨も降らなかった。ほとんど曇り時々パラパラという感じ。
でも、段取り的には助かった。でも今日の天候には港湾もクローズせず助けられたけど本当に激戦だった。ハートブレイクリッジてなもんですよ。鬼のハイウェー軍曹気分ですよ。参った参った。あっそうだ、葉巻が無い。。。。今日は勝利したとは言えないから仕方が無いか。相打ちって感じかな。物凄く疲れた。
明日もあるしもう帰ろ。なんか台風通り過ぎて明日は気温上がりそうだよな。きっと暑いんかな・・・・

e0029172_20104525.jpg

[PR]
by bdps | 2005-07-26 20:11 | 戦闘日誌

くんのか来ないのか!?

例年何となく天候の悪い日を運良くすり抜けてきたけど、今回はどうかな。
我々の業界、雨振ると終わちゃうんだよね。ましてや台風ともなるとどうなる事やら。
漁師や百姓にならなければこんなに天候を気にすることも無いと思ってたけど
それは思い過ごしだった。
今は、昔波乗りしてた頃よりも真剣に天気図を見ている。

まぁ自分らがどんなに頑張って出勤してヤル気満々でも、港がクローズしたら、
それこそThe Endなんですけどね。
噂では、明日の午後からクローズする所も出るらしぃとか。
明日の朝8:00に判断がでるとか。
まぁどれもハッキリしない。
ハッキリしてるのは台風の進路がこちらに確定ならT社はこの辺でもいち早く(おそらく他所より4時間から6時間)クローズするだろう。多分ね。。。。

自分自身はそれ程ヤバイとは感じてない。もうちょい西から北上されたらヤバイがこの調子なら風の吹き返しと低気圧の中心に向かう端の雲の雨に気をつければ平気かな。
それも前線がどこに停滞するかによりますけど、場合によっては局地的に豪雨なんてことも近年にはありますしね。でも実際は仕事の段取りを気をつけるくらいしか出来ないんですよね。
上で「平気かな」なんて楽勝ムード一杯で語っちゃったけど。

とにかく、台風7号! くんのか?来ないのか? ハッキリしろよ!e0029172_19192747.jpg
[PR]
by bdps | 2005-07-25 19:21 | 戦闘日誌

ブラジル国際基準No.15対応

先日一本の電話が鳴った。相手は植防の職員さんからだった。
「あの~ブラジルへの輸出検疫についてですけど・・・・」
もしやッ!と思った。なんか以前に輸出した物件で問題が発生したのでは無いか。
しかし、そうでは無かった・・・・・

「この夏ブラジルがI.S.P.M.対応します。」との親切なインフォメーションだった。
ちょうど前の日に、ある事業者が某国で引っかかったという話を聞いたばかりだったし、そもそもあそこの機関がこちら側
から質問の投げかけをしない限り、電話をよこす事なんて悪い知らせくらいしかまずありえないのだ。
こちらが、「まさか」と考えてしまっても少しもおかしくないのである。被害妄想気味に神経が衰弱したネズミのように一抹の不安に怯えながら仕事しているのである。(苦笑)

ようやく、ブラジル向けの対応もハンコ一突きで可能になりヤレヤレという感じです。

「我が国から輸出される木材梱包材については、現在我国とブラジルとの2国間協議に基づき、植物防疫所が証明書を交付することとなっている。」(植物防疫所サイトより抜粋)

今までずっと思ってた、「なんだよ我国との2国間協議って?」、我国って誰が誰とそんな協議したんだよ?なんで??我国とだけ???なんか親密そうだけど、んならもっと簡潔に世界の基準に習っていこうよ。非常任理事国同士さぁ・・・・・って。

正直、毎回植物防疫所のフロアーに向かう度に「あの~ちょっとすみません」と止められて身分の確認など求められるのが鬱陶しかったんで良かった良かった。なんでも、テロを含む犯罪を恐れてのセキュリティ対策なのだそうだ。実際狙ったとしたら、あの程度のことでは防ぎ様が無いんですけどね。入り口で身分証になるものを提示(偽造可能)名前を記入(偽名可能)。考えてみれば自爆のつもりなら、本名でもなんでも表明OKですよね。。。現在は一律、ビルに訪れた者すべてにチェックを申し出ている様だが、初期の頃はそうでなかった。他の人が素通りする中、自分だけよく止められた。わざわざ行き過ぎさせて、後ろから声を掛けられるのだ。手荷物まで見せましたよ。もっとも、細かく荷物チェックされたら、もっと面倒クサイ質問攻めにあったと思うが、ライトチェックでそうはならなかった。ということはそのチェックも中途半端な訳で、直接そこで使わないような物も、武器に使おうと思えば使える物も自分は持ち込めた訳ですからね。
判断基準=ネクタイしてれば良い人。革ジャン着ている人は悪い人。は誤りだよね?・・・・・

話が随分とそれました・・・民間の企業活動してる者からみるとあそこはツッコミどころ満載なんですよね。
ついつい話が膨らむ。その辺のところはまたの機会に。

あとは、証明書で処理実地証明をしている残りの国が順次、
ハンコ対応になっていけば尚良しですね。
あっ!でもハンコでOKとなると、ますますこちらの「代行」の手間が掛かりますね~。
代行してるんですからね、貰えるもん貰いたいもんですよ。
なんせ、代わりに管理してるんですからね~。
仕事終わりにきちんと手入れして箱にしまってさらにビニールにくるんで・・・・・
e0029172_10414210.jpg

[PR]
by bdps | 2005-07-22 10:42 | 検疫

公開近々


e0029172_17242072.jpg

イキマスカ?
イカレマスカ?
ハジメマスカ?
[PR]
by bdps | 2005-07-18 17:24 | 雑記