<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冬を告げる使者の到来

11月の2週目を終えようとしているのに自分まだTシャツだよ。
ホント暖かいね。
今、事務所にいたら部屋の白い壁全体がパカパカと白黒に点滅するんだ。
まるで「フリッカー」つう昔の実験映画みたいなそんな感じ。
ピカチュウ効果の様に意識混濁するかと思ったよ。

窓を見ると窓もパカパカ。
原因は窓を開ける事で理解した。
渡り鳥が裏手の運河の水辺に何百羽も飛来していたのだった。
あいつ等は朝になると一斉に一度舞い上がる。
そいつらが朝の太陽の前を通過して日差しを一羽づつ遮断していっているのだった。

日中の気温は確かに暑いが朝夕の寒暖差は確かに感じる。
奴らを見て季節の変わり目現象の一つとして体に信号が入る。
なんだか、気のせいか冷えてきたな~。

この頃の朝の陽だまりは気持ちがいい。風呂に入っている様だ。


さて、3週間くらいド暇を経験した私らも
例によって今週末からまた怒涛の如く重なって物件が決まっている。
昨日の朝、一本の電話を皮切りに一気に動いたのだった。
そしてその全ての納期が同じ日で短納期ときている。

私らはホント0か100だよなとつくづく思った。
典型的なこの業種のパターンだ。
最初からこれだけ暇だと分かっていたなら長期休暇でも取ってますよ。
一週間に一本づつ仕事こなしてれば程よく過ごせていたのに
一気に入ってしまうんだよな。

こう体がナマッテくると動き出しが辛いんだよ。

さーてボチボチとイキマスカ・・・・・・・
[PR]
by bdps | 2006-11-09 07:28 | 戦闘日誌